賃貸で駅近物件のメリットについて

賃貸で駅近物件のメリットについて
賃貸で駅近物件のメリットについて

駅近の賃貸物件に住む、不動産投資するメリットは?

部屋を探すとき、まず考えるのが最寄り駅から徒歩で何分かかるのか!?ではないでしょうか。実際、駅近物件は賃貸料が高くはなりますが、その利便性から、やはり人気が高い物件です。通勤に便利なのはもちろんのこと、休日の買い物にも苦がなく快適です。

駅近物件での生活。その利便性は、一度味わうとやめられなくなってしまうかもしれません。通勤時間の短縮は、毎日の生活の中でかなり大きなメリットではないでしょうか。ただでさえ、満員電車などのストレスを抱えている日本の通勤事情がありますので、駅まで徒歩で数分で行けるというのはストレスの軽減になることでしょう。冬の寒さ、夏の暑さも駅までの道のりが短いことで、体力的にも負担が少なくて済みます。極寒の時期に自転車で駅まで10分以上かかるのと、徒歩で数分で済むのとを比べると、気持ち的にもかなり楽になるのではないでしょうか。

このように心身ともに負担が少なく、快適にライフスタイルを送れるのが駅近物件の最大のメリットです。私も同じ駅で駅近物件と駅から離れた物件に住んだ経験がありますが、駅近のメリットは計り知れないと思っています。まず、多少の雨ならば濡れずに駅まで行けてしまうこともメリットでした。駅直結型の物件もありますので、そのような物件を選べば天候に左右されずに駅を利用できます。また、女性や子供の場合でも夜道の一人歩きの必要もなく、安心して帰路へ着くことができるのも大きなメリットです。このように、賃貸物件を借りる側から多大な人気を獲得できますので、資産運用として考える場合も駅近物件は有利だと言えます。最近では、マンションの供給過多で駅から離れている郊外の不動産物件は買い手、借り手ともにつきにくくなっています。その点を考慮しても、不動産の資産価値を維持できるのは、駅近物件が有利だと言えるでしょう。資産運用として投資を考えているのであれば、需要の高い駅近物件は、将来的に最適な投資となるでしょう。ライフスタイルにあわせて、生活の場を変えていくことで様々なメリットを得ることができます。例えば、子育ての時期は、自然環境の良い郊外で敷地に余裕のある一軒家に住まい、投資した駅近物件の賃貸料を一軒家の家賃に当てるなどで対応することも可能です。子供が独立して、夫婦2人の生活になってからは、駅近物件に移り住んで利便性の高さを満喫することもできます。将来、どのように生活したいのか人生設計をしっかりたてましょう。ご自身のライフスタイルに合わせて、不動産価値を維持できる有利な物件を選択することが重要です。

PICK UP!

おすすめ記事

Copyright (C)2017賃貸で駅近物件のメリットについて.All rights reserved.